サブページメイン画像

  • HOME
  • 車修理
  • CVTフルード交換 | 堺市 サン・モータース

堺市の格安CVTフルード交換
料金:11,880円〜(車種や油種により異なります)

 CVTフルードってどんなもの? 交換しないとどうなるの?


まず、CVTについて解説していきます!
CVT(Continuously Variable Transmiss)は「無段変速機」とも呼ばれ、エンジンとギアの制御操作を行うトランスミッションの一種です。
トランスミッションというと、パッと思い当たるのはMT(ミッション)やAT(オートマ)ですね。
機能的には同じものですが、構造は全く違います。
MTやATがギア(歯車)で構成されているのに対して、CVTはプーリー(滑車)と金属製ベルトで変速を行います。

変速機のついている自転車を思い浮かべてみてください。
これはAT(オートマチックトランスミッション)の機構です。
ギアチェンジすると、ハブ内側についているチェーンがギアの山を上ったり下りたりするのが見えますよね。大きさの違うギアにチェーンをかけかえていく(変速する)ことで、エンジンの出力を車輪に伝えることができます。

CVTは無段階変速機でギアがありませんので、大きさの違うギアに入れ替えていく「ギアチェンジ」(変速)はありません。
その代わりに、ふたつの滑車が広がったり狭まったりして動くことで、チェーンの内径を大きくしたり小さくし、スムーズに変速させるのです。

そのCVTに使われているのが、CVTフルード(CVTオイルと呼ばれることもあります)です。
CVTフルード(オイル)の役割は…
・エンジン内部の各装置を油圧で作動させる
・エンジンの出力をタイヤに伝えやすくする
・内部の焼き付きを予防

CVT自体はほぼメンテナンスフリーと言われていますが、
(金属製のベルトが伸びたりすることは稀にあるようです)

CVTフルード(オイル)は、
・経年劣化
・熱による酸化
・金属摩耗からのスラッジ(沈殿物)の目詰まり
などが起こります。

CVTの性能が落ちることで、エンジンの出力を伝えることができにくくなり、燃費が悪くなったり、スムーズに加速しにくくなったりします。

エンジン・CVTをスムーズに動かすためにも、長くお乗りになっているお車や、年間走行距離が極端に多いお車、ガタガタとした振動を感じる場合などは、交換を考えてみてください。

 CVT交換の目安はどのくらい?

CVTフルードは、走行距離2万km~が交換の目安と言われていますが、車種によっては4万kmや10万kmの設定をしているメーカーもあります。
お乗りになっているお車が、どれくらいで交換のタイミングになるのか、メンテナンスノートなどでご確認ください。
また、実際にCVTフルードの状態(汚れ具合)を確認するのもよいでしょう。

 CVTテスターを使用しています

上記目安を基準に専用のテスターを用いて汚れ具合を確認し、
お車に適切な時期で交換できるようにしております。

 CVT交換の料金と作業時間

CVT交換の料金目安と作業時間はこちら

CVTF交換価格
料金:軽自動車 11,880円〜(税込)
   乗用車 車両重量~1000kg
       14,300円~(税込)
   乗用車 車両重量1001~1500kg
       15,400円~(税込)
   乗用車 車両重量1501kg~
       18,700円~(税込)

作業時間時間:40分〜


 CVTフルード専用添加剤

CVTF交換のタイミングや、応急処置などに使えるCVTF専用添加剤!
ジャダー(がたつき)、漏れを防ぎます。

¥5,500-(お取り寄せ対応になります)

 大阪市・堺市でのCVT交換
CVTオイル交換は堺市のサン・モータースにお任せください

職人が責任を持って愛車の修理を行います。
CVT交換は堺市の老舗整備工場、サン・モータースにおまかせ下さい。

TEL:072-252-2266
無料のご相談はこちら

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でも、ネットからでも!
お気軽にお問合せください。

TEL:072-252-2266


お問合せフォームは24時間受付をしております。
お気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら