堺市北区 【令和6年8月から】前照灯審査のロービーム計測が開始されます サン・モータース

サブページメイン画像

  • HOME
  • 車検
  • 【令和6年8月から】前照灯審査のロービーム計測が開始されます

【令和6年8月から】前照灯審査のロービーム計測が開始されます

 車検での【前照灯の審査】が一部変わります

令和6年8月1日から、前照灯の審査の内容が変わるってご存じですか?
実は、すでに過渡期として取り扱いがちょっとだけ変わっているんです。
それが、この度、過渡期の取り扱いが終了し、全面的に施行となります。
さて、その内容は? 見ていきましょう!

 すべての自動車が対象になる?

『平成27年9月1日以降、ヘッドライトテスタによる前照灯の審査は、原則ロービーム照射により計測しています。
前面施行に向けた過渡期の取り扱いとして、平成30年6月1日からヘッドライトテスタによりロービーム計測が困難な一部自動車に対しては、ロービームの照射光線を確認したうえで、ハイビームに切り替えて計測し、基準適合性審査を実施してきたところです。

今般、周知開始から5年が経過したこと及び審査体制整備が完了したことから、以下の通り過渡期の取り扱いを見直し、近畿地方(大阪府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県)の各位検査場では、令和6年8月1日からはロービーム計測のみでの基準適合性審査を開始します。
※ロービーム計測で基準不適合の場合、ハイビーム計測は行いませんのでご留意ください』


対象自動車…平成10年9月1日以降に制作された自動車
(二輪車、側車付二輪車、大型特殊自動車及びトレーラを除く)

令和6年8月1日以降、対象自動車の前照灯の審査については、全車、ロービーム計測のみで基準適合性審査を実施します。

(独立行政法人自動車技術総合機構 軽自動車検査協会より引用)



初度登録が平成10年度式から、というと、割とたくさんのお車が当てはまるのではないのでしょうか。
今までは、車検の際にロービーム計測が基準に満たなかった場合、ハイビームでの計測を行っていたところ、経過措置期間が終了したためにロービーム計測のみに統一する、ということですね。
つまり、ロービーム計測で基準に満たなかった場合、ハイビーム計測はもう行わない、つまり車検には通らないということです。

 つまり、どうすればいい?

ロービーム計測で、適切な光量が出ていれば、なんの問題もありません。

計測結果が基準不適合となるのは、

①レンズ面の劣化
②内部リフレクタの劣化
③前照灯ユニットと相性の悪いバルブに交換してしまった

などが考えられます。


①の場合は、ヘッドライトの磨きで解消する可能性があります。
  →サン・モータースのヘッドライト磨きについてはこちら

②の場合は、前照灯ユニットの交換をおすすめします。
③の場合は、純正バルブやLEDバルブに交換することで、解消する可能性があります。
  →サン・モータースでは新品・中古品・リビルト品など、お客様のご予算に合わせて部品をお探しします。

光度が不足していたり、配光が崩れてしまった状態ですと、検査が通らなくなってしまいます。
過去に光量不足を指摘されたり、ご心配な場合は、検査(車検)の前に、適切な整備・調整を受けておきましょう。
  →サン・モータースのヘッドライト調整…¥5,500-(税込)で承ります。


無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でも、ネットからでも!
お気軽にお問合せください。

TEL:072-252-2266


お問合せフォームは24時間受付をしております。
お気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

車検の他のページ

お電話
お問合せ
お見積り